美白もたらす美容液をお肌に使おう|ミラクルスキンケアで一歩先へ

婦人

肌の若さを維持する取組み

美容液

女性の方は若い肌を保つために、エイジングケア美容液などを使用しています。これらの商品は多くの化粧品メーカーが開発しており、商品を選ぶ際にはインターネットの人気ランキングサイトなどを活用することがおすすめです。

Read More...

シミに効果がある化粧品

美容

美白成分を含む化粧品はたくさん販売されています。そのためどれにするか悩んでいる人もたくさんいます。しかし一番効果が期待できるものは美容液だと言われています。美容液は有効成分を肌に届ける目的で作られています。ですから美白のより良い効果を期待するのであれば、化粧水や乳液よりも凝縮された成分が配合されている美白美容液を利用することが勧められます。美白成分が浸透しやすくなる使い方のポイントは2つあります。まずは順番です。洗顔後、化粧水をつけてから美容液をつけます。化粧水で肌が潤っていると、水溶性の美容成分が浸透しやすくなります。そして乳液をつけて美容成分が蒸発しないようにフタをするのです。2つ目がつけ方です。顔全体に美容液をつけてから両手で顔を覆います。そして手で美容液が行き渡るように顔の隅々までゆっくりと手のひらで優しく覆います。このハンドプレスによって浸透力は随分かわってくるといわれています。

美白化粧品に含まれる成分の作用はメラニンを生成する過程を阻害する働きと、できてしまったメラニンを薄くする働きに分けられます。そしてメラニンを生成する過程を阻害する作用のものがほとんどです。日本国内で製造され美白化粧品を謳っている商品は厚生労働省が認めている美白成分しか利用できず、アルブチン、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、カモミラET,m−トラネキサム酸、t−AMCHA、リノール酸の9つがあります。このうちどれかを一定量配合されていると医薬部外品となりますが、医薬部外品として許可していないものでも有効な成分があります。それはハイドロキノンです。これはできてしまったメラニンを薄くする作用もあります。またビタミンC誘導体も両方の作用がありますが、刺激が強くて肌を乾燥させる作用があります。そのため乾燥肌の人は保湿成分が配合された美容液を選ぶようにします。以前は敏感肌や乾燥肌の人は美白成分の刺激が炎症を悪化させてしまいよくないと言われていました。しかし敏感肌用の美白美容液が色々開発されているのでそちらを選ぶようにいます。